第二回熱海温泉元気アップセミナーが開催されました

12月9日(日)13:30より第二回の温泉セミナーが開催され好評のうち終了しました。

 第一部は、樋口善英作新大学教授による、ヘルスツーリズムと熱海の講義、一時間の予定を少し越え熱く行われ、これからの熱海の観光や健康のあり方に多くの示唆、ヒントを与えてくれました。ヘルスツーリズムは、「健康・観光」の気づきの世界であり、地域資源の活用、開発が基本である。熱海の海、森林など自然資源、歴史文化の導入企画、熱海の生活文化、産物を活用した体験ルアーなど、熱海ならではの多くを活用した企画など、中でも初島、姫の沢の標高差の資源を、始まったばかりの「認証制度」の参画により活用してはどうかとの提言。これからの熱海の方向に一筋の光を与え期待をもたせてくれました。
第二部は、熱海養生法実行委員会会長により、熱海発の健康法である「熱海養生法・足湯養生法」がどうして生まれたのか、その効果はに始まり、「足湯養生法」の一連の内容をプロジェクターを併用し実際に体験指導された。なお同内容は、家庭でも行っていただきたいとうことで、A4サイズ8ページの写真解説された実践マニュアルも配布された。その後、(株)リボンプロジェクトの古賀美那子さんより「熱海養生法」の腰掛けてのスタイルでのストレッチ運動の実践指導が行われました。

樋口教授によるセミナー風景 佐野会長による足湯養生法(左)   古賀さんによる熱海養生法(右)