*「セキュリティー保護なし」が表示されていますが、これはhttp→https変更に伴うもので実際は保護されております。安心してご利用下さい。

第三回NPO法人ライフ熱都通常総会新規事業、新役員を決定

第3回通常総会が令和2年6月25日に開催されました。誠に残念ながら新型コロナの影響で、議決兼行使書と委任状による開催となりました。議案内容は今後活動を左右する重要なものですので、今後さらに議論を進め活動したいと思います。結果は、第1号議案から第5号議案まで満場一致、第6号議案は反対票1票で賛成多数で承認可決されました。
(詳細については「ライフ熱都だより005号」をご覧下さい)

二年の満期を迎え役員の交代が行われました。

  理事長     青田克己    留任、役職交代
  副理事長    綾野憲夫    留任、役職交代
  理事     酒井義幸    留任
  理事     野口勝俊    新任
  理事     島田充克    新任
  監事     谷口成伸    留任   

新理事長挨拶

青田克己

NPO法人ライフ熱都が発足して3年目を迎え、綾野理事長の後を引継いで今後2年間のかじ取り役を任されました。熱海市の人口減少数毎月30人に歯止めをかけるべく首都圏から高齢者の移住を5年前から推進している私どもの活動は、アフターコロナの時代にも通用する画期的な持続可能な手段と確信しています。
その方策は
1. 熱海CCRC推進協議会の継承
 東京都、神奈川県など首都圏から熱海への高齢者の移住促進策を移住セミナーの開催を中心に今まで以上に深化させる。
2. 
既移住者対策
 既に過去5年間に熱海に移住した方々がUターンされないように市内での仲間意識を感じるような仕掛けを早急に確立する。
3. 
サロンの開設
 地元居住者、移住者が区別なく楽しく懇談でき、楽しいイベントを経験でき、アンチエイジング効果もある不思議な空間を街中に創り出す。
4. 
移住希望者対策
 首都圏から熱海市に移住を希望した際に相談窓口が皆無なことの解消・・・
NPO法人ライフ熱都のベテラン相談員が中心になって移住希望者に寄り添い親身になって衣(意識、医療、衣料)食住のアドバイスをする移住センターを開設する。
5. 熱海に移住してよかった
この気持ちを大切に持ち続けられるような受け皿づくりをします。


新任理事紹介
 

野口勝俊
昭和39年(1964年)、熱海市生まれ。宅地建物取引士。首都圏(東京・横浜・湘南)及びリゾートエリアの不動産仲介会社、戸建分譲会社にて勤務。現在、静岡県「しずおか移住応援団」協力店、有限会社アシスト伊豆に在籍中。一般社団法人グリーンエネルギー推進協議会(熱海市)正会員、NPO法人atamista(熱海市)正会員。

熱海には人を惹きつける不思議な魅力があるように思います。その”力”によってでしょうか、ライフ熱都の活動にご参加いただいている会員様の多くが熱海をお選びいただき移住された方達であるとのこと、熱海生まれの私としましては大変光栄に思っております。と同時に、”熱海に移住して本当に良かった”との感想をお持ちいただけているのか?といった事が気に掛かるところでもあります。時にこの町が、”もっと、こうであって欲しい” であるとか、”もっと、こうはならないものか” などの思いをお持ちになられることも少なくないかもしれません。きっとそれは皆様が、熱海が本来もっと魅力的な場所でありうるとの思いをお持ちいただいているからだと思います。私もまだまだ熱海の其処彼処に、その魅力の”原石”が見過ごされたままになっているように思えてなりません。その魅力の”原石”のひとつひとつを、今日求められるかたちに皆様と共に磨きあげていけたらと願っております。

 

島田充克    
昭和24年(1949年)横浜市生まれ。工業高校卒業。メーカーで開発、営業を経験。イベント会社経営、町内会活動に参加。

敢えてやりがいのある半導体部品製造の中小企業に入社。社員4人から5年後には社員300人の会社に成長する高度成長期のサクセスストーリーを実体感した。自らは技術職として技術革新の目玉を開発し会社に大きく貢献、その後営業職に転じ、社会勉強を通じて人間関係の機微が大切であると理解するようになった。33歳で独立、スポーツ関係のイベント会社を経営して軌道に乗せたが、バブル崩壊で廃業。その後、保険営業のコンサルタントなどを経験して66歳で自主定年。その間60歳から地元池袋の町内会活動に参加して地域活動の面白さを知るとともにお役立ちもできた。好きな熱海には3年前に移住してきましたが、現役時代に何度も通った熱海には愛着があり、現状の熱海に「何とか元気になってほしい」という思いでライフ熱都の活動に参加するようになった。私の目標は「人を動かすためには自分自らが動く」という確信のもと、コミュ二ュケーションをいかに深めるかをテーマに街おこし活動に貢献することです。
なんでも相談してください。すぐに動きます。

 

季刊誌「ライフ熱都だより・夏」005号が発刊されました 7/15 【本部】

ライフ熱都だより005号」 PDF