熱都ワークで熱海を元気に ・・・> Go!

報道写真家・渋谷高弘写真展「昭和20年代の熱海」を開催
       4/27~6/30 ラスカ熱海3F

ごあいさつ
 来場いただき誠にありがとうございます。静岡ディスティネーションキャンペーンの一環として、私達・NPO法人ライフ熱都は写真家・渋谷高弘氏のご好意をもちましてこの写真展を開催する運びとなりました。展示写真23枚は昭和25年の熱海大火の前後を報道カメラマンの目で撮影されたもの43枚の中から選ばれました。これらは長い間蔵入していたもので、今回初公開となります。昭和20年代における大変貴重なもの、多くの皆様にゆっくりとご観覧いただき、懐かしむと共に当時に生きる力を受け継いで頂ければと思います。
  NPO法人ライフ熱都  理事長 綾野憲夫
*************************************************************
同時開催 ① 熱海へ・・・ 熱海への移住相談を行っています。 
     ② 葉書「熱海百景」販売 熱海生まれの画家・酒井理恵子氏の葉書を販売。 
     ③ FM熱海湯河原作成の 熱海おしゃべりCIAO MAP を掲載。
 ラスカ熱海・三階のレストコーナーにて毎日開催しています。お越しをお待ちしています。


6月30日まで毎日展示しております。便利な場所でもありますのでぜひお立ち寄りください。

昭和20年代は「熱海大火」(昭和25年)があり、甚大な被害を受けた年代。そしてその振興策として「熱海国際観光温泉文化都市」の公布を受け急速な復興を遂げた年代でもあります。

全体は4部門で構成されています。
第一は「熱海駅界隈」 湘南電車、仲見世通り、駅前広場など5点が展示されています。
第ニは「熱海大火」 焼失後の全景を中心に復興の様子、互いに協力しあう張り紙などが当時を起草させ協働の力を受けることが出来ます。
第三は「銀座・糸川界隈」 元気だった当時の熱海、夜の風景の5点を展示しています。
第四は「海岸通り」 貫一お宮の松でにぎわった海岸通り、修学旅行、釣堀など当時を偲ぶ5点を展示しています。

 

熱海新聞記事 2019-05-09

写真家・渋谷高弘氏が会場にこられ、当時をおもいだしての貴重な解説を頂きました

記事PDF

 

 

 

同時開催として
一. NPO法人ライフ熱都の活動の一つとして「熱海へ・・・移住します!」の相談を行っています。
ニ. 
熱海生まれの画家である 酒井理恵子画伯が描く「熱海百景ハガキ」の29枚の展示販売を行っています。昭和初期の雰囲気をもった独特の熱海紹介シリーズは人気で、観光協会、起雲閣、澤田美術館、ホテルなどで販売されています。掲載のガイド地図を見ながら選んで頂くのも楽しいかと思います。ご利用ください。
三. FM熱海湯河原では、QRコードを使うことで熱海の名所を画像とおしゃべりで案内してくれるMAP「おしゃべり Ciao MAP」を製作・配布しています。その地図を拡大しご利用頂けます。チラシマップ(A3サイズ二つ折り)もご用意していますのでご活用ください。

 


ヒーリングムービー
「いきたひ」 4/29 上映・御礼
               ~看取り・命のバトン~ 

主催・一般社団法人地域活性化支援機構 NPO法人ライフ熱都でお送りします。ぜひともご覧頂きますようお知らせ致します。

【いきたひの効果】

    「死」を描いていながら、
観終わると何とも言えない清々しさかあり、
死ぬことへの恐怖や不安よりも、
生きることへの希望や喜びか大きくなる。
そんな活力をあげる映画であると同時に、
死別の悲しみや後悔、
喪失感からも立ち直らせてくれる
クリーフヶア作品でもあります。
旅立ったあなたの大切な人は、
あなたの最強の味方であることを
どうか思い出して欲しい。
それを信じた時点で
あなたの人生は願った方向に加速していく。
問い合わせ 担当:堤 080-4005-7018 、 青田 090-1210-1961 
印刷用PDFはこちらから

4/30  盛況のもと終了することができました。御礼申し上げます。
平成最後の4月29日(昭和の日)の夜、起雲閣音楽サロンでフリーアナウンサーの長谷川ひろ子さんをお招きし、ご自身が監督したドキュメント映画 “いきたひ” の上映会を開催盛況のもと終了しました。ご主人で薬学博士の長谷川秀夫さんが末期がんになり、ご本人の希望で自宅療養を選択され家族全員で最期を看取るというドキュメント映画でした。夜6時半からの上映時間にもかかわらず84人のみなさまにお越しいただき”看取り直し”の出来る究極のヒーリングムービーとして称賛をいただきました。NPO法人ライフ熱都では今後も色々な催事を計画しております。ご期待ください。 担当: 集めて元気隊・青田 

 

 

第三回熱海温泉元気アップセミナーが開催されました (報告)

3月19日((火)第三回熱海温泉元気アップセミナーが開催されました。
第一部
 約50名の参加者のもとで発表、論議が行われました。5名の方々から今回のテーマである「熱海とヘルスツーリズム」に関する積極的なご発言を頂き、その後後藤康彰座長を中心に各立場よりのご意見、質問などを賜りました。その内容については詳細ページでご覧いただけますのでご覧ください。

今回ご発言いただいた方々は以下の通りです。この場をかりて御礼申し上げます。

 挨拶 藤曲敬宏  静岡県議会議員
 座長 後藤康彰  日本健康開発財団・ヘルスツーリズム研究所
 発言 森本 要  熱海市副市長
    梅原和寛  熱海温泉ホテル旅館協同組合
    鈴木大樹  熱海市商工会議所
    小川拓真  ホテル ニューアカオ
    阪本浩毅  行政書士法人シグマ
    吉田和正  JTB静岡支店
    荒井眞由美 ホテル&リゾート ひらまつ
    深田真弓  熱海市観光協会
    杉山ちなみ (株)リボンプロジェクト
    石渡勇史  湯乃宿 おお川
    赤尾光一  熱海市議会議員
           以上 敬称略

主催者側としては、熱海におけるヘルスツーリズムの可能性を感じ、今回での論議をベースに今後検討会を発足し更にその具体を探っていければと考えております。

 

第二部 
 ①「足湯養生法」の実技を佐野講師(熱海養生法実行委員会会長)により行いました。

 

②「熱海養生法」の実技を杉山講師(株)リビンプロジェクト代表)により行いました。

 

特別展
ヘルスツーリズムは既に熱海には存在し、健康への気づきに警鐘を鳴らしていた歴史があります。熱海=熱うみが崎、薬師如来と万巻上人との出会いに始まる「熱海温泉来由」から吸気館、熱海梅園の歴史秘話の展示を同時に行いました。

熱海新聞(2019-03-23)掲載記事

 

熱海新聞「寄稿」「熱海とヘルスツーリズム」上・中・下掲載

3月13日、14日、15日 熱海新聞に「熱海とヘルスツーリズム」と題して、NPO法人ライフ熱都の考えの基本を掲載しましたのでご紹介します。ご覧頂き 3月19日(火)の「第三回・熱海温泉元気アップセミナー」にお越し頂きたくお待ちしております。      

(上) (中) (下)

 PDFファイル(上・中・下)

第三回熱海温泉元気アップセミナーを開催します 3/19(火)

3月19日(火)後藤康彰講師を座長に、副市長、熱海観光協会、熱海商工会議所、熱海温泉ホテル旅館協同組合と、ホテルニーアカオ、湯乃宿おお川 他の皆様に発表者として参加いただき、それに基づいた座談会をおこないます。 多くの皆様にお越し頂きご意見賜りたくお待ち申し上げます。
 第二部として、杉山ちなみさんによる熱海養生法の実施、佐野雄二さんによる足湯養生法の実施を行います。身体をほぐしてお帰りいただき、ご家庭にても実行してください。(足湯養生法実施マニュアルをお渡ししますのでご活用ください)

                   PDF資料   詳細記事

■第3回 セミナー
 開催日: 平成31年3月19日(火)(開場午後1時)
 時   間: 午後1時30分~3時45分
  第一部 後藤康彰主席研究員をコイディネーターとし
      市、市経済三団体、ホテル事業者、市民での
      
車座形式での討論会
   (チラシの予定表とは進行形式を変更します)
     「ヘルスツーリズムと熱海」
      ~その内容と観光・健康効果~
  第二部 熱海養生法講座・足湯養生法講座
     熱海養生法と足湯養生法
      ~目的と今後の展望・実技(佐野雄二) 
     家庭でできる熱海養生法(実技指導:杉山ちなみ)
 場   所: 起雲閣・ギャラリー
 参加費: テキスト持参の方 無料
     はじめての方    1500円(テキスト、資料代)
               1000円(会員)
                         

1/31 市民写真展「昭和の熱海」コンテスト発表

ラスカ熱海にて開催された展示会も盛況のうちに終了し、市民写真展コンテストの人気投票を集計しました。結果、NO.1,2,3位は以下の通りとなりました。また入選者は以下の10名様です。おめでとうございました。人気上位3枚を一組にし送らせて頂きますのでしばらくお待ちください。
アンケート、コンテスト応募頂きました皆様、まことにありがとうございました。この場をかりて御礼申し上げます。
お願い:* 景品を送らせて頂いてますが、未だ届かない方はご連絡ください。  詳細をみる(本部)

1番 場所、人不明の集合写真 28番 ロープウェイのカラー車体 36番 特急定期観光バス

(敬称略)

 

1/27 御礼!市民写真展「昭和の熱海」 終了

ラスカ熱海にて開催されていた展示会が終了しました。多くの皆様にご覧頂き、また多くのアンケートを頂きました。今後の展示会に生かしていきます。有りがとうございました。また、人気写真コンテストにも多く応募頂きました。集計し1月31日、当ホームページにて発表させていただきます。

 

市民写真展「昭和の熱海」開催中 ★ラスカ熱海

ラスカ熱海にて予定通り市民展がスタートしました。平成30年12月25日から平成31年1月24日まで展示します。

熱海新聞記事紹介   詳細記事

 

第二回熱海温泉元気アップセミナーが開催されました 12/9

 第一部は、樋口善英作新大学教授による、「ヘルスツーリズムと熱海」の講義が一時間の予定を少し越え熱く行われ、これからの熱海の観光・健康のあり方に多くのヒントを与えてくれました。ヘルスツーリズムは、「健康・観光」の気づきの世界。熱海の海、森林など自然資源、歴史文化の導入企画、熱海の生活文化、産物を活用した体験ツアーなどを行っていきたい。熱海ならではの多くを活用した企画など、中でも初島、姫の沢の標高差の資源を、始まったばかりの「認証制度」に活用してはどうかとの提言でした。 詳細記事


樋口教授によるセミナー風景 佐野会長による足湯養生法(左)   古賀さんによる熱海養生法(右)

市民写真展「昭和の熱海」開催決定!

  昭和の熱海の展示会が下記の通り決定しました。
   展示場所  ラスカ熱海3階

   展示時期  平成30年12月25日(火) ~ 平成31年1月24日(木)

         ライフ熱都のご紹介 市民写真展の開催にあたって

FM熱海・湯河原にて熱海温泉元気アップセミナー紹介

 12月9日(日)に開催予定の「熱海温泉元気アップセミナー」についてのお知らせ番組が放送されます。10分ほどの短いものですがお聞きください。概要は下記のとおりです。
      
          ■放送内容紹介(音声10分)■


第二回熱海温泉元気アップセミナー開催決定

  ■第2回 元気アップセミナー
 開催日: 平成30年12月9日(日)(開場午後1時)
 時   間: 午後1時30分~3時30分
     第一部 基調講演・樋口善英
        始動を始めたヘルスツーリズムと熱海
     第二部 熱海養生法講座・足湯養生法講座
        * 熱海養生法と足湯養生法
        * 家庭でできる熱海養生法(実技指導:古賀美那子)

                                                 <詳細をみる> 温泉で元気隊

 

市民写真展「昭和の熱海」開催 写真の提供を!

NPO法人ライフ熱都は、熱海の今を考えるために「昭和の熱海」市民写真展を開催します。
V字回復といわれる熱海を本物にしたいと、「昭和の熱海」写真展を開催します。その為に、熱海のみならず全国の皆様より当時(昭和を中心とした)写真の提供をお願いしております。ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。   ▲詳細をみる  趣意書&取扱い確認書PDF

市民写真展「昭和の熱海」写真募集

 

9/5 「対馬丸を語り伝えて・朗読会」が盛況のもとに終了しました。

松下路子さんによる 対馬丸朗読の会が盛況のもと終了することができました。御礼申し上げます。
 〔詳細をみる 増やして元気隊〕 熱海新聞記事

 

「熱海へ・・・移住します!」支援中です。

NPO法人ライフ熱都では「増やして元気隊」が中心となって、全国からの熱海へ移住される方々を支援中です。熱海の良さをわかって頂きつつ、移住の手続き、住まい選びのお手伝い、移住後の生活相談、活動紹介、コミュニティーづくりなど、何でもご相談頂だけます。詳細は チラシ「熱海へ・・・移住します!」をご覧頂くか、アクティブシニアー担当青田(090-1210-1951)迄ご連絡下さい。  PDFチラシ 熱海へ・・・移住します! 

朗読会・対馬丸と心の唄 女優・松木路子 
   9月5日(水曜日)開催 ・・・対馬丸を語り伝えて・・・

昭和19年8月22日22時12分、対馬丸は鹿児島県悪石島沖でアメリカ海軍潜水艦ボーフィン号の魚雷を受けて沈没しました。乗っていた学童疎開、一般疎開、船員、兵隊など1651名が一瞬にして帰らぬ人となりました。そのうちの半数以上は幼い子供たちでした。
このことは悲劇として知られることはあっても史実として語られることはありません。今、平和な日本で対馬丸を語ること・・・それは何でしょう?

戦争のこと? それとも平和?事実を知ってほしいのです。
時々でいいのです。・・・・          
  こうした内容を女優松木路子さんが画像と朗読で約90分語ります。
【詳細・増やして元気】  
紹介PDFチラシ

熱海市にクリスタル・カフェ「紫雲木」を提案 7/11

提案の背景

平成26年6月に開園された「ジャカランダのプロムナード」ですが、早4年の月日がたち植生も安定し多くの市民、観光客に親しまれています。こうした中、よりゆっくりと楽しみたいとのことで休憩施設があればという声を多く聞くようになりました。様々な分野の専門家、観光客など、多方面の方々のご意見等もお聞きして今回のご提案書としました。今年も6月を迎えるに当たり、計画の実現に向けてご検討、ご支援頂きたく宜しくお願い申し上げます

目的  ~水・光・クリスタルのアート空間で癒しを楽しむ~

このプロムナードを訪れる方々がゆっくり楽しめる気軽なカフェ、売店、熱海情報、展示会場、ジャカランダの紹介などを提供します。

計画概要  施設の構成・主な活用

  1. 透明ガラス、水、光による解放空間で気軽な休息を提供
  2. テーマカラーとしてジャカランダの紫を活用
  3. 熱海温泉利用の足湯客席の設置
  4. 湧水の活用により生命レベルからの癒しを提供
  5. 照明の演出による夜間利用促進のポイントづくり20190509-熱海新聞 渋谷写真展
  6. 市民の作品展示会場など交流拠点としての活用
  7. 熱海の情報、市民の活動情報の提供
  8. 必要に応じてイベントを開催    計画書(PDF)    【詳細・温泉で元気】

月刊誌「田舎暮らしの本」8月号にライフ熱都が紹介されました。

平成30年8月号にライフ熱都の紹介および活動状況(増やして元気隊)記事が掲載されました。
田舎暮らしの本2018-8
 

第一回 熱海温泉元気アップセミナーが開催されました。

当日の朝は大阪で深度6弱の地震があり、交通が乱れ新幹線もストップ、雨も降るというなか、予定の通り午後2時半より日本健康開発財団、ヘルスツーリズム研究所主席研究員・後藤康彰先生による「熱海温泉で元気アップ!」セミナーが開催されました。 【詳細・温泉で元気】

18/6 NPO法人ライフ熱都総会「熱海温泉元気アップセミナー」開催決定

NPO法人ライフ熱都では、第一弾として、「温泉のまち熱海」をより深く知り、その魅力、能力を感じ、活用できればと、第一回・熱海温泉元気アップセミナーを開催します。
講師には、「女子力アップのための最新入浴法」という本を執筆した「風呂フェッサー後藤康彰氏」をお呼びし、基調講演、意見交換会を実施いたします。年齢、性別問わないイベントです。
皆様お気軽にご参加ください!! 【細詳・温泉で元気】
 

ラスカ熱海 熱海温泉交通誌 写真展 

平成30年4月28日~5月31日 ラスカ熱海3階待合コーナー、通路休憩の場所で熱海温泉交通誌写真展が開催され多くの市民、観光客に見て頂きました。 【詳細・歴史で元気】  

「熱海写真俳句撮詠物語」が「暮して元気隊」で新会員

3月25日 初のグループ会員誕生です。熱海を中心に写真を撮影し、それに俳句を付けて、熱海の各地に展示する。森村誠一氏を名誉顧問とて活躍しています。毎月例会と撮影会を開催。今年で5年となりました。 【詳細・暮らして元気G】

 

ホテルミクラスにて 写真展開催

平成30年2月 ホテルミクラスエントランスホールにて12セット(A1+A3*2)を2月一杯の1か月間「熱海近代史の写真展を開催しました。
内容は、昨年11月起雲閣にて展示したものです。【詳細・歴史で元気】

第一回 写真展が開催されました

平成29年11月24日~26日 熱海起雲閣・ギャラリーにて熱海写真展・近代史編と誕生編が開催されました。 
【詳細・歴史で元気】